NEWS | 2016.09.09

藤原さくらさん NHK「SONGS」に出演

歌を通して吃音を克服しようとする女性の役で今年ドラマ初出演を果たし、その独特の歌声に注目が集まっている藤原さくら。今は多くの人に評価されているスモーキーで個性的な歌声が、実はコンプレックスだったという。今回「SONGS」ではそのコンプレックスを乗り越え、本格的にシンガーへの道を志すきっかけになった、出身地 福岡のボーカル・スクールを彼女が訪れ、当時アドバイスをくれた講師との再会を果たしている。スタジオ歌唱曲は出演ドラマの主題歌であり、福山雅治が作詞・作曲を担当した「Soup」。